ポイントカードは様々な店舗で発行されていますが、昔のおまけ感覚とは異なり、現金と変わらない扱いができるようになってきました。我が家で貯めているのは楽天ポイント。元々、楽天市場はちょこちょことお買い物に利用しており、小銭感覚のポイントが貯まっていました。はじめは、少し貯まってはお買い物に使ってと、プラスマイナスゼロを繰り返す状況。ところがその後、何度かの転機を重ねて貯まっていく楽天ポイントがグッと増えてきました。どのようにしたら、ポイントがより獲得できるようになったのか?について記載したいと思います。

1)楽天カードへの切り替え


元々は他のクレジットカードを使い、そこで貯まったポイントを楽天ポイントへ移行して使用するようにしていました。ところがある日、楽天側からお得にカード切り替えができる案内が自宅に届き、思い切ってカードを切り替えました。
これにより楽天市場でのお買い物ポイント以外に、日常生活で使用するものにもできるだけ楽天のクレジットカードを使うようになりました。
その結果、カードの利用額により還元される楽天ポイントが増えていきました。

2)楽天証券&楽天銀行を開設


NISAのためにネット証券の開設が必要となり、新たに楽天銀行と楽天証券の口座を開設しました。大きなお金を動かすのではなく、NISAのためだけの小さな運用ですが楽天銀行、楽天証券を持つことでポイントの還元率がさらにアップ。同じお買い物をしているときでも今まで以上にポイントが貯まっていくようになりました。
現在は、まだ利用したことがないのですが、楽天ポイントは楽天証券において現金と同じように投資にしようできるのも魅力のひとつです。ポイントの現金化に近いので将来的にまとまったポイントが貯まったら、挑戦してみようと思っています。そのため、最近ではポイントは使うのではなく貯める方向にシフトしてきています。

3)楽天アプリを使用


楽天ポイントアプリを使用するといつお買い物してもポイントが+1倍となります。画面構成的にもWebのページで見るよりも分かりやすく感じて重宝しています。

4)楽天ポイントを貯められる店舗を利用


最近では、街角の通常店舗でも楽天ポイントも貯められる店舗が増えてきています。我が家がメインで利用しているドラッグストアは、系列店で使えるドラッグストア独自のポイントカードにプラスして楽天ポイントも貯めることができます。さらには、支払いにQRコード決済を使用するとそちらのポイントも貯めることができて、3重取りが可能。
少額の場合など、必ずしも会計に楽天のクレジットカードを使用しなくてもポイントを貯めることができることになります。

1)~4)のような楽天サービスは、利用すると還元ポイントが+1倍されることが多いんです。そのため、使用するサービスを重ねていくことで、そもそものポイント還元率がどんどん上昇していき効率的にポイントを貯めることができます。
できるだけ、サービスをまとめることがポイントをザクザク貯める必勝法と言えるかもしれません。

上昇していき効率的にポイントを貯めることができます。
できるだけ、サービスをまとめることがポイントをザクザク貯める必勝法と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です